冬の時代を生き抜く地域銀行

地域に根ざした営業を展開している地方銀行の商品やサービスについて

定期預金とローンが充実の名古屋銀行

名古屋銀行の特徴

名古屋銀行は名前からも分かる通り、名古屋を活動拠点とする第二地方銀行です。第二地方銀行というのは拠点とする地域名を名称としていて、その地域が発展するような地域密着型の企業活動を行います。もちろん、名古屋銀行も、預貯金といったような基本的な銀行の機能を備えつつ、地域の発展をサポートするような活動を行っていますが、この銀行の場合、名古屋にとどまらず、世界的な視野を持つサービスを提供していることに特徴があります。

そんな中でその銀行の特徴、他の銀行との違いは、法人の顧客に対して提供するサービスの中に表れている場合があります。これは、個人のレベルでもほとんどの人が口座を持つなどして、銀行を利用していますが、極端な言い方をすれば、個人のレベルでは銀行をまったく利用しなくても済ませることはできます。つまり、必要不可欠なものではないわけです。しかし、法人のレベルでは違います。会社の規模に関わらず、資金調達は、その会社の命運を分ける大事な事柄で、それにはお金のプロである銀行との関わりがとても大切になります。これは、お金を借りるということだけではなく、どのように、お金を企業活動に活かしたらいいかということについても銀行のアドバイスが重要になることがあるからです。これは、会社の経営が厳しい時にも、新しく事業を展開する時にも言えることです。

名古屋銀行は第二地方銀行ですから、基本的には地元の企業を応援する活動をしています。この活動を充実させるために、名古屋銀行は、主にローンの面や事業サポートの面に力を注いでいます。ローンの種類は豊富なものですし、事業サポートでは企業の海外進出を応援するものが特徴的なものになっています。