冬の時代を生き抜く地域銀行

地域に根ざした営業を展開している地方銀行の商品やサービスについて

九州フィナンシャルグループとして地域創生に取り組む肥後銀行

肥後銀行の定期預金

肥後銀行の定期預金のラインナップは、スーパー定期などスタンダードな定期預金、18歳未満のお子様がいる方や年金を受取っている方専用の特別定期預金、自動振替で貯める積立定期預金や財形預金などがあります。

肥後銀行のスーパー定期やスーパー定期300、大口定期預金は、預入期間が1ヵ月から10年までの11種類あり、スーパー定期とスーパー定期300は半年複利型の選択もできます。どれも総合口座にセットして自動融資の担保とすることができるので、普通預金が残高不足になっても安心です。また、肥後銀行インターネットモバイルバンキングの契約をしている方は、上乗せ金利で普通のスーパー定期よりもお得な「インターネット定期預金」が利用できます。

現在、日本の銀行預金は低金利状態が続いていますが、そんな中でも肥後銀行には高金利のお得な商品があります。18歳未満のお子様をお持ちの方のための「肥後優育定期預金」と、肥後銀行で公的年金を受取っている方専用の「肥後ねんきん定期100」は、どちらもスーパー定期1年ものの店頭表示金利に0.1%の金利が上乗せされます。「肥後ねんきん定期100」は期間限定商品となりますが、「肥後優育定期預金」はお子様の誕生日が満期日となり、お子様の写真をプリントしたオリジナルな通帳を作ることもできます。また自動継続後も金利上乗せサービスが継続されます。

自動振替で積立てていく商品なら、貯蓄が苦手な人でもいつの間にかお金が貯められます。肥後銀行では積立定期預金「たむたむ」と、財形預金があります。「たむたむ」は指定日に指定口座へ自動で積立てていく商品です。預入れは1000円以上からで、単利型と半年複利型があります。財形預金は給与や賞与などから天引きで積立てますが、一般財形、財形住宅、財形年金の3種類があります。一般財形の積立期間は3年、財形住宅と財形年金は積立期間が5年で、合算して550万円までの利息は非課税となります。