冬の時代を生き抜く地域銀行

地域に根ざした営業を展開している地方銀行の商品やサービスについて

地域との共存・共栄の理念を踏襲する長野銀行

長野銀行のATMサービス

長野銀行の店舗は東京に1店舗ある以外はすべて長野県内にあり、現在の長野銀行のATMは100台以上あります。長野県庁や松本市役所などの官公庁、駅、大手病院やデパート、スーパーなど人が多く集まるところには必ず長野銀行ATMが置かれています。またセブン銀行をはじめとしてローソンなどのATMとも提携しているので、いつでも引出しや預入ができ、とても便利です。長野銀行のATMは平日は8時から21時まで、休日は9時から19時まで使えます。地域に密着する金融機関として長野銀行は利便性の高いATMサービスを展開しています。

長野銀行では平成27年からATM時間外利用手数料の無料化を実施しています。長野銀行が発行するローンカードを含むすべてのキャッシュカードを使って長野銀行とセブン銀行のATMを利用する場合、平日の時間外手数料と休日の入金と出金の手数料が無料となります。また、ATMからの振込手数料は窓口よりも最大で330円お得になります。キャッシュカードでATMを使えば普通預金から直接振込ができるので、現金を準備する必要がありません。また、休日は現金による取扱いはできませんが、キャッシュカードなら振込が可能です。

長野銀行ATMでは定期預金の預入や解約もできます。休日でも総合口座や定期預金通帳、積立定期預金の通帳に預け入れることができ、解約もできます。そのほか、デビットカードの利用停止や利用開始の設定、ATMの取引画面を英語表記に変更することもできます。

最近、電話で「還付金が出ます」などと言って相手をだまし、加害者の指定口座にお金を振込ませる詐欺が横行しています。長野銀行では特殊詐欺被害防止のために、キャッシュカードによるATM振込を一部制限しています。特に高齢者が騙されやすいことを受けて、過去2年以上キャッシュカードによるATMでの振込を利用していない70歳以上の方は、キャッシュカードの他、本人確認資料や届印を用意して窓口に申出ないとATM振込ができません。