冬の時代を生き抜く地域銀行

地域に根ざした営業を展開している地方銀行の商品やサービスについて

地域との共存・共栄の理念を踏襲する長野銀行

長野銀行の便利なアプリ

最近のスマートフォンの普及拡大はめざましく、特に若い人は日常的にスマートフォンを使いこなしています。銀行などの金融機関でも、お客さまの利便性をより高めるためにスマートフォンによる金融サービスに力を入れています。

長野銀行では、平成30年からスマートフォンアプリ「ながぎんアプリ」の提供を開始しています。スマートフォンにダウンロードすれば、365日24時間、いつでもどこにいても手軽に普通預金口座の残高照会や入出金の明細が確認できます。ながぎんアプリを利用できるのは、長野銀行に普通預金口座とキャッシュカードを持っている個人の方です。スマートフォンの対応機種はiPhoneかAndroidで、ホームページの「App Store」か「Google Play」のバナーをクリックしてアプリをダウンロードします。画面の案内に沿って必要事項を入力していけばすぐに使用でき、利用料は無料です。

またアプリにはPay-easy(ペイジー)サービスがついているので、税金や公共料金などの支払いがその場でできます。インターネットバンキングの契約をしていなくても、払込票や請求書をカメラで読み取るか収納情報を入力することで普通預金口座から支払いができます。店舗やATMの検索やキャンペーン情報などのお得な情報も受取れます。また、別途改めてインターネットバンキングの契約をすれば、ログインして振込や振替などの取引もできるので、大変便利です。

長野銀行には口座を手軽に開設できるアプリも用意されています。「長野銀行 口座開設アプリ」なら、ホームページからアプリをスマートフォンにダウンロードして運転免許証を撮影し、必要事項を入力して送信するだけなので、自分の都合のよい時に手軽に申込みができます。運転免許証が本人確認にもなるので余分な書類を用意することもありません。アプリで口座開設をすると通帳とキャッシュカードが発行され、デビットカード機能やインターネットバンキングもセットされています。