冬の時代を生き抜く地域銀行

地域に根ざした営業を展開している地方銀行の商品やサービスについて

地域との共存・共栄の理念を踏襲する長野銀行

長野銀行の電子マネー・スマホ決済サービス

世界に比べてキャッシュレス化が遅れている日本でも、最近はキャッシュレス決済が増えています。決済の方法も、先にお金をチャージしておくタイプと、後で支払うタイプなどがあります。

スマホ決済サービスは、スマートフォンに専用アプリをダウンロードして行います。店舗のレジに提示してあるQRコードをスマホで読み取り、金額を入力して決済する「QRコード決済」や、スマホのバーコードをお店に読取ってもらう「バーコード決済」があり、一瞬で決済が完了します。レジでお財布を出して支払いお釣りを受取るという手間もなく、銀行やATMで現金を用意しておく必要もありません。スマホ決済は若い人を中心に急速に広がっています。

長野銀行は、LINE Payやpay pay、楽天Edy、メルペイ、J-Coin Payなど電子マネーのチャージ対応金融機関です。アプリを起動して金融機関の一覧から長野銀行を選択するか、長野銀行の口座を登録してチャージします。決済のたびにチャージした分から支払うので使いすぎることがありませんし、常に残高が確認できます。登録には長野銀行の普通預金口座とキャッシュカードが必要です。

LINE Payは、人気のコミュニケーションツールLINEユーザーなら、誰でも新しいアプリをダウンロードする必要もなくそのまま使える決済サービスです。ユーザー間でのお金のやり取りも可能です。pay payは銀行口座の他にセブン銀行ATMなどでもチャージすることができます。また、ソフトバンクなどの携帯料金と一緒に後でまとめて支払うことでチャージする方法もあります。

楽天Edyは先にチャージしておくタイプの代表的な電子マネーで、購入したEdyカードやアプリをダウンロードしたスマートフォンで端末にタッチして決済します。そしてメルペイは人気のフリマアプリ「メルカリ」の決済サービスです。メルカリでの売上金をメルペイに自動でチャージできるのがポイントです。売上金がなくても銀行口座からのチャージも可能です。