冬の時代を生き抜く地域銀行

地域に根ざした営業を展開している地方銀行の商品やサービスについて

地域経済の発展を支えてきた島根銀行

お客さまとのふれ合いを大切にしている島根銀行

島根銀行は大正4年の創業以来、島根県を中心に山陰地域で「しまぎん」として親しまれている第二地方銀行です。お客さまとの心のふれ合いを大切にして、地域社会と経済の発展に貢献し、信頼される銀行であることを経営理念としています。

島根銀行では、2019年4月から3ヵ年を計画期間とした「中期経営計画」を発表しました。「お客さまのために考動するしまぎん」を基本テーマとして掲げ、常にお客さまの立場に立ち、そのニーズに応えるために行動する「考動」による営業活動の実践に取組んでいます。そして愛されて末永い取引のできる銀行を目標としています。さらに人材の育成にも力を注ぎ、「長期育成プラン」に基づいて地域の皆様に必要とされる金融のプロの育成に努めています。また女性でも渉外を担当し、管理職を目指すこともできるなど女性のキャリア形成にも積極的です。

2019年9月、島根銀行はインターネット金融最大手のSBIホールディングスと業務提携しました。SBIグループの持っている豊富なノウハウやグローバルなネットワークによる情報と、島根銀行独自の地域産業や生活に密着した金融政策を融合することで、お客さまへ新たな質の高いサービスや金融商品の提供を目指しています。具体的には、島根銀行本店内にSBI証券の金融商品やサービスを提供する共同店舗を開設して様々な相談やアドバイスを行ったり、住信SBIネット銀行が取扱う住宅ローン商品の仲介を行うなど、新しいサービスを展開しています。

また地域金融機関として中小企業のビジネス支援に取組む島根銀行では、窓口に行かなくても資金移動や資金決済ができるインターネットバンキングなど、インターネットを利用したサービスの促進に力をいれています。オンラインで全国の売り手と買い手をマッチングさせる事業承継・M&A支援サービスや、場所や時間にとらわれることなく商品の販売活動ができるネットショップを活用したインターネットビジネスの支援など、SBIグループのIT関連企業と提携して新しい取り組みを行っています。