冬の時代を生き抜く地域銀行

地域に根ざした営業を展開している地方銀行の商品やサービスについて

鹿児島を中心に地域経済の活性化に取組む南日本銀行

南日本銀行のATMサービス

地元、鹿児島の発展に役立つ銀行となることを目指す南日本銀行では、2019年より株式会社NTTデータが提供する金融機関向けの新システムを採用しています。お客様へのサービスのスピードアップやATM網を充実させ、通帳での引出や預入がATMでも可能になるなど、お客様により便利に使っていただけるサービスに取組んでいます。

南日本銀行のATMは、鹿児島県内だけでなく種子島や屋久島など離島の支店や店舗外ATMも含め、土・日・祝日も365日、いつでも稼働しています。ATMの利用時間も平日は朝8時から夜21時まで、休日も朝9時から夜19時までと延長し、より使いやすくなっています。また音声による操作ガイド機能がついたATMを設置して、高齢者の方や目の不自由な方でも利用しやすいように気を配っています。

南日本銀行では他行と幅広く提携を行っており、全国の金融機関で相互にATMで出金や残高照会ができます。そして九州や沖縄地区の9行とのATMの相互無料開放をはじめ、ゆうちょ銀行、セブン銀行やローソンなどコンビニATMでの引出や預入、残高照会ができます。また、南日本銀行が提供しているカードローン「WAZZECA」は、セブン銀行ATMからの借入や返済が可能です。

最近は振込め詐欺や偽造キャッシュカードによる不正引出が社会問題化しており、南日本銀行では被害防止のために、様々な対策を講じています。暗証番号を盗撮する不正なカメラ等が設置されてないかATMコーナーを一斉点検したり、ATMコーナーに利用待ちの停止線を設置する、のぞき見阻止のためにATM画面に遮光フィルターを貼付する、などをしています。また振込め詐欺防止のために70歳以上の方で一定条件が合致する方はATMでの振込額を10万円までに制限しています。それでも被害にあわれた方には新たに補償制度を制定し、詐欺被害を受けた方専用のフリーダイヤルを設けて相談に乗っています。