冬の時代を生き抜く地域銀行

地域に根ざした営業を展開している地方銀行の商品やサービスについて

FFGの一員として地域密着型金融に取組む親和銀行

親和銀行のインターネットバンキング

親和銀行のインターネットバンキングを利用するには、ダイレクトバンキングの申込みが必要です。ダイレクトバンキングは、店舗の窓口で手続きするかホームページからオンラインで申込みます。オンライン申込みの場合、すでに総合普通預金口座を持っている方はそのままダイレクトバンキング利用の手続きに進めますが、持っていない方は、親和銀行の口座開設アプリを利用するか窓口で総合口座の開設を行います。2018年4月からは総合口座を開設すると、ダイレクトバンキングが自動でセットされるようになりました。窓口での申込ではキャッシュカードはその場で即時発行されます。

インターネットバンキングは、窓口やATMに並ばなくても24時間いつでも家にいながらでも銀行取引ができる大変便利なサービスです。残高や入出金明細の照会、振込や振替、定期預金や投資信託の取引など豊富なサービスがいつでも利用でき、ふくおかフィナンシャルグループ傘下の銀行宛なら振込手数料が無料ですし、他行宛振込もATMや窓口よりも安くなるという特典まで付いています。また、親和銀行ではインターネット接続によるウイルスや迷惑メール、不正侵入などの被害を防ぐために、セキュリティに対しても万全の対策を行っています。

インターネットバンキングの取引には、サービス指定口座の登録が必要となります。登録されていない口座では、残高照会をはじめ一切のインターネットバンキングのサービスが利用できません。サービス指定口座として登録できるのは、総合口座や普通預金口座などの他、定期預金や投資信託に関する口座ですが、インターネット専用の口座「ネットワン口座」を使う場合も、サービス指定口座の登録が必要です。ネットワン口座には通帳がなく、取引はインターネットバンキングで行います。しかも、ATM利用手数料が無料になるなどお得な特典の付いた口座です。