冬の時代を生き抜く地域銀行

地域に根ざした営業を展開している地方銀行の商品やサービスについて

地域になくてはならない銀行を目指す富山第一銀行

富山第一銀行の総合口座

総合口座は、普通預金と定期預金が1冊の通帳にセットされた口座です。日常のお財布代わりに自由にお金の出し入れができ、給料や年金の振込み口座として、また公共料金やクレジットカードなどの利用代金の引落し口座としても使える普通預金口座と、まとまった資金を運用する定期預金が一度に管理できます。

富山第一銀行の総合口座には、スーパー定期や大口定期、期日指定定期預金などのスタンダードな定期預金や年金定期預金の他、積立型定期預金もセットすることができます。ます。そして総合口座の大きなメリットは、当座貸越が利用できるということでしょう。普通預金が残高不足になった時に、セットされている定期預金を担保にして自動的に借入れができるシステムです。借入額は定期預金類の90%までで、担保とした定期預金の利率に0.5%上乗せした利率になります。返済は普通預金に入金することで自動的に行われます。

そして富山第一銀行の総合口座には、通帳を発行しない「Web口座」での総合口座もあります。Web口座とは通帳を発行しない普通預金や貯蓄預金のことで、インターネットバンキングやアプリサービスで取引をします。Web口座の開設は富山第一銀行のインターネット支店で行い、同時に富山第一銀行の個人用インターネットバンキング「<ファースト>プライベートWeb」も申込みとなり、キャッシュカードも発行されます。Web口座とインターネット支店専用定期預金をセットすれば、Web総合口座を開設でき、定期預金を担保とする当座貸越が利用できます。

総合口座の当座貸越のサービスは大変便利ですが、あくまでも利息の付く融資であり、担保となる定期預金の金利よりも高く設定されています。当座貸越になっていることに気が付かず長い間放っておくと、利息がかさんでしまうので注意が必要です。