冬の時代を生き抜く地域銀行

地域に根ざした営業を展開している地方銀行の商品やサービスについて

地域になくてはならない銀行を目指す富山第一銀行

富山第一銀行の定期預金

定期預金は、預金の出し入れが自由な普通預金に対して、初めに決めた預入期間の間は引き出すことができない預金です。普通預金よりは金利が高めに設定されており、預金保険の対象にもなっているため、安全性の高い、資産運用に向いた商品と言えます。また普通預金とのセットの総合口座では、普通預金が残高不足の時でも定期預金を担保に自動貸越機能が利用できます。

富山第一銀行では、最も基本となるスーパー定期や大口定期預金、1年経過すれば満期日が指定できて1万円以上の払出もできる期日指定定期預金、半年ごとに市場金利に合わせて金利が変動する変動金利定期預金などスタンダードな商品を揃えています。そしてそのほかに、富山第一銀行で退職金や年金を受取っている方に向けては特別金利のオリジナル定期預金があり、そしてインターネット支店では専用の高い金利の定期預金を提供しています。

富山第一銀行の「フォルティシモ」は、退職金を受取ってから1年以内の個人の方が対象の退職金専用定期預金です。預入期間は3ヶ月で、通常の金利は年利0.5%ですが、給与振り込みや年金を受取っている方などに高い金利の特別金利が適用されます。ただし、富山第一銀行の本支店の営業エリアに住んでいるか、勤めている方が対象です。

また、富山第一銀行の総合口座で公的年金を受取っている方、受取る予定の方には、バラエティ豊かに金利上乗せの定期預金が用意されています。「ファースト年金定期」は、預入期間の1年、3年、5年に合わせてそれぞれ預入金額が変わってきます。金利はスーパー定期の店頭表示金利に上乗せ金利が適用されます。そして障害基礎年金や母子年金などの受給者の方に向けては「ファースト特別年金定期」、年金と給料の両方を総合口座で受取っている方には「ファースト給振・年金定期」があり、どちらもスーパー定期の店頭表示金利に上乗せがある定期預金です。