冬の時代を生き抜く地域銀行

地域に根ざした営業を展開している地方銀行の商品やサービスについて

地域になくてはならない銀行を目指す富山第一銀行

富山第一銀行のアプリサービス

富山第一銀行の「ファーストバンクアプリサービス」は、スマートフォンのトップ画面のアイコンをタップするだけで富山第一銀行の各種サービスや、提携している他社のサービスにアクセスできる、銀行ポータルアプリのサービスです。ただし、パソコンやタブレットでは利用できません。

ファーストバンクアプリサービスでは、富山第一銀行の普通預金口座の開設、インターネットバンキング<ファースト>プライベートWebへのログイン、キャンペーン情報などの各種お知らせなどの他、スマホ決済や貯金、資産管理やその運用など様々な金融サービスが利用できます。ホーム画面の背景テーマやアイコンの配置は、自分で使いやすく変更することもできます。

ファーストバンクアプリサービスの特徴のひとつとして、他社との連携サービスが豊富なことが挙げられます。「finbee」は自動貯金アプリで、富山第一銀行の預金口座と連携して「いつまでに」「いくら貯めるか」などの目的や、おつりを貯金する「お釣り貯金」、毎週決まった曜日に決まった額を貯金する「つみたて貯金」などの貯金ルールを決めたら、あとは自動で無理なく貯金ができるサービスです。

AI搭載のロボアドバイザーによる投資一任サービス「THEO+[テオプラス]富山第一銀行」は、ネット上でいつでもどこにいても資産運用ができます。そして「一生通帳 by Moneytree」なら、銀行口座やクレジットカード、電子マネーなどの資産を一元管理できます。入出金明細がすべて閲覧でき、毎月の支出をグラフにして見ることができるなど、家計簿として資産管理に活用できます。

その他、払込票のバーコードをスマートフォンで読み取り、電子マネーで支払える「支払秘書」、知識がなくても簡単にネットショップの作成ができ、起業やビジネスの支援ツールである「BASE」などがあります。