冬の時代を生き抜く地域銀行

地域に根ざした営業を展開している地方銀行の商品やサービスについて

地域になくてはならない銀行を目指す富山第一銀行

富山第一銀行のインターネット支店

インターネット支店とは、インターネット上に開設された仮想の支店で、店舗も窓口もありません。富山第一銀行では2017年に開設され、取引はインターネットバンキングやATMで行います。

インターネット支店の口座開設は、来店不要で富山第一銀行のホームページにある専用フォームから行います。本人確認書類としては運転免許証か個人番号カードが必要で、本人確認サービスとしてどちらかの書類と本人の顔写真を撮影してアップロードします。申込みの際は、ネット専用で通帳が発行されない普通預金か貯蓄預金の口座であるWeb口座「スーパーアカウント」と、富山第一銀行のインターネットバンキングサービス<ファースト>プライベートWeb、キャッシュカードが同時に申込みになります。

富山第一銀行のインターネット支店では現金の預入や引出しはATMで行いますが、振込や振替、定期預金の取引はパソコンやスマートフォンを利用し、場所も時間も気にせずにインターネットバンキングで行えます。残高照会や入出金の明細照会はスマホからファーストバンクアプリサービスでも確認できます。通帳は発行されないので、パソコンやスマートフォンの画面上での確認となります。

富山第一銀行のインターネット支店が取り扱う商品は、総合口座や高い金利の専用定期預金などが利用できます。総合口座はWeb口座での取扱いとなり、インターネット支店専用の定期預金をセットすることで、残高が不足した時に定期預金を担保にした自動借入れが可能です。また、給与振り込みや公共料金の引落し、クレジットカードの決済用口座としても利用できます。

富山第一銀行のインターネット支店ならではのサービスも利用できます。他行あての振込手数料や、提携コンビニATMの手数料がキャッシュバックされたり、またセキュリティの観点から、ログインの際に「ワンタイムパスワード」を利用すると、振込・振替限度額が500万円まで引き上げられるサービスも付いています。