冬の時代を生き抜く地域銀行

地域に根ざした営業を展開している地方銀行の商品やサービスについて

中小企業専門の金融機関として活躍する福岡中央銀行

福岡中央銀行の普通預金

普通預金は、どこの金融機関でも取扱っている最もなじみが深い預金商品です。普通預金は預入期間に制限がなく、預入や引出しがいつでも自由にできるので、日常生活ではお財布代わりに活用できます。運用方針が決まっていない資金を一時的に預けておいたり、給与や年金の受取口座として、あるいは公共料金やクレジットカード代金の支払指定口座として利用されることも多い商品です。

普通預金の口座を開設するには店舗の窓口で行いますが、本人確認のための資料として運転免許証やパスポート、印鑑の他に現金も必要になります。普通預金は預金保険制度の対象であり、預けていた銀行が破綻しても元本1000万円とその利息は保護されます。また決済用普通預金は利息の付かない普通預金ですが、これは全額保証されます。

普通預金と定期預金を1冊の通帳にセットすることで総合口座として利用することができます。普通預金の残高が不足して引落ができないなどの時に、自動融資の利用ができる当座貸越機能が付いています。セットしてある定期預金の90%までが自動的に借り入れられます。セットされる定期預金は、スーパー定期、大口定期、期日指定定期がセット可能です。また、福岡中央銀行のインターネットバンキングを契約する時にも、本人名義の普通預金口座をサービス申込み口座として登録します。

そして福岡中央銀行にはもう一つの総合口座があります。「マルチ通帳」は普通預金と定期預金の他に貯蓄預金もセットできる総合口座通帳となっており、残高に応じて普通預金から金利の高い貯蓄預金に自動的に振替えることができるスウィングサービスが利用できます。マルチ通帳は、普通預金で給与などの受取りを行い、普通預金の余剰資金や定期預金の利息を貯蓄預金で貯めて、定期預金で増やす、という多機能な総合口座です。